2日目『白銀ならぬ白一色のゲレンデにて』 | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

2日目『白銀ならぬ白一色のゲレンデにて』

JUGEMテーマ:旅行

さて、昨日は到着日でもあったのでゆっくりと過ごしていただいたわけですが、
今日から早速活動開始です♪

朝食を宿のラウンジで取っていただくことにして、頃合を見てお迎えに上がります。

ハマーH3に乗り込んでもらって向かう先は『レインボースキーフィールド』。

ネルソンエリアから一番気楽に行けるスキー場です ( ̄ー ̄)b ニヤリッ

昨日も山頂では雪が降ったようで、真っ白な雪を被った山々を遠めに眺めつつ
コーヒーが好きなMさんに美味しいコーヒーを購入してドライブへ(((((((((っ・ω・)っ ブーン

スキー場の山の麓に着いたのはお昼前。

牛?
↑こんな道を通っていくのですが、とてもこの先にスキー場があるようには見えません><;

ふと看板を見ると2輪駆動車は麓で駐車してシャトルで上がるか、麓からチェーン着用で
上がることが記載されています。
4輪駆動車はセクション2まで上がって、そこからチェーン着用と書いてある。

ふむ。ならOK!
と言うわけで、軽快にその先の山道も上がっていくハマー。
雪があろうとまるで関係なく進んでいくのは気持ちがいいものです♪

途中でチェーンを履いているワゴン車の横を抜けて、上を目指すと少し広いエリアに
数台の四駆が止まっていてチェーンを履いていて、シャトルバスがちょうど出発していった
ところでした。

そこで車を止めて、この先もこの調子ならこのままチェーンなど履かずに上がっていけると
判断したのですが、そこに居た全ての人が上の状況を知らないという(@@;

セクション2

私のハマーの欠点はタイヤチェーンが簡単に手に入らないということ;
勿論履いているタイヤはオールシーズン型のもので、雪が25cm積もっている道も
何の問題も走り抜けてきましたが、凍っていると勝手は大きく違いますからね。
しかもニュージーランドの道の適当さは、もうこのブログでもかなり紹介したとおり…orz

上がれそうではあったのですが、念のためにシャトルバスを待って見ることにしました。

暫く写真を撮ったりして時間を潰して、バスが下りてくるのを待っていたのですが
なかなかバスは下りてこない。
やっと下りてきたかと思ったらこの運転手が典型的なキウイでもう怠け者気質(#゚Д゚)プンスコ

まぁ、キウイが怠け者なのはいつものことなので、深くは追求せずにその場を後にしました。
こういう人たちとは関わってもろくなことが無いですからね(ぁw

そこで一旦山を下って別のシャトルバスに乗り込みスキー場まで上がったわけですが、
正直路面の雪なんて大したこと無い状態。


しかし、その風景は完全に白一色!!!!

登り口

こんなに『白い』景色は今まで北海道でも見たことがありません!


ゲレンデに着いたらMさんのレンタル装備を一式借りて、リフト券もしっかり装着して
いよいよ滑走開始です!!!ヾ(´▽`*)ノ☆イッテキマース

ですが、二人ともかなりのブランクがあいているので、見上げた先の中・上級者向けの
ゲレンデにはちょっと躊躇してしまい、「まずは初級コースからで^^;」という、
『慎重な!』(←ここ重要w)対応で開始としましたw

今回驚いたのは、この山に積もる雪が本当に純白のパウダースノーで、

『ゲレンデの凹凸も分からないくらいの白一色であったこと』

これは言葉では伝わりませんね。
リフト

これくらい見えません。決してカメラ写りのせいじゃないですよ!(# ゚Д゚)


中・上級も勿論挑戦しましたが、上に行ったらその『白』は半端ないですwwww

看板
こんな感じw背景が…orz

消え行く…
で、こんな感じ…w

しかし完全なパウダースノーなのでコケても痛くなんてないですし、その雪質と滑り心地
は本当に一級品といっておつりが来るほどです♪

さすがにこぶがあるわけじゃないので、吹っ飛んでコケることはありませんが
これだけ視界?が利かないとなかなかにスリルがありますね^^;

山頂からの景色はこうですw
スキーヤー
はい。どこがコースか分かりませんね?
私は知らぬ間に2度コースアウトして、見事なまでに急降下を余儀なくされて
派手に転がりましたよw (# ゚Д゚)

途中でコーヒー休憩を入れつつ夕方まで滑ったころには、二人ともいい感じで
足が疲労感でいっぱいwww

足に疲れが来て二人ともリフトから落ち出したところでちょうど時間切れです(o゚▽゚)oニパッ

Mさんの借りたレンタル装備を返却し、帰りのバスを待っていると他の人も同じように
荷物を纏めて集まってきました。

面白いのは、その全員が「バスはどこ?」とか「本当に来るのか?」などと、お金を払って
上に来たにも拘らず、その運行をまるで信用していないということ(爆w)

(私もこのキウイシステムは大概疑っていますけどね(ぁw)

とにかく所定の時間を少し過ぎてバスが到着し、どうにか今回は無事に麓まで乗せて
もらう事が出来ました。

ネルソンまで再び戻って食事に行き、明日からの予定を確認してこの日は解散。

明日はかなり早めの出発なので、夜のうちに翌日の朝食も部屋に運んでおいて
貰いましたので、少しでもゆっくり休んでもらうことが出来ます♪

では明日からは北島へ向けて出発です!

実は今回、北島では新潟のお笑い芸人さんで、現在ニュージーランドに留学・ワーキング
ホリデー中の『高橋なんぐ』さんが、ゲスト参加することになりました!

ちなみになんぐさんには、ツアーの内容や行程は殆ど伝わっていない目隠し状態w

まだまだ旅は始まったばかり!

面白くなるのはこれからです!ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

| ハマー・9泊11日『奔放型』ツアー | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | - | - |

コメントの投稿

<< | HOME | >>

Calender

<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.