Black Rider’s Tour 番外編『グラディさん夫妻レダン上陸♪』 | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

Black Rider’s Tour 番外編『グラディさん夫妻レダン上陸♪』

さて、オカムーさんが日本へ向けて出発した翌日、去年『NZバイクの旅』に参加してくださったグラディさん夫妻がレダン島にくることになっていました^^

到着時間はお昼前の予定だったので、私は2本目のダイビングはキャンセルし、お迎えのボートに乗り込み、フェリーの着岸場へリゾートの若いスタッフの子と一緒に向かいました。

快晴の天候の下、フェリーが到着するのを待つ。
すると暫くして水平線に船の影が浮かび、徐々に近づいてくるのが見える。
着岸が済んで降りてくる乗客の中からグラディさんを探すのですが・・・








見つからないΣ( ̄□ ̄;エェェェェ?

ほぼ全員が降りきるまで待ってもグラディさん達の姿は見えない。
中に乗り込み船員に事情を話して探すのを手伝ってもらうが、それでも居ない。
なにより日本人らしき乗客は居なかったというではないか><;

「ひょっとして『乗り遅れ』?」( ̄д ̄;)

なんて最悪の事態も思い浮かぶが、あの桟橋まで送ってもらっていればそれはありえない。

すぐにリゾートの本土にあるリゾートの事務所に問い合わせを願い、連絡を待つことしばし。

どうやらKLからの飛行機が遅れて、船に乗れなかったとのことで、次のフェリーで島には来ると連絡があり、その際グラディさんとも電話で話したら元気そうでしたので一安心でした( ̄∀ ̄;フー

ダイビングから戻った珊瑚さんとお昼を食べて、厨房係のスタッフに2人分のお昼ご飯を置いておくように頼んでおく。
そしてこの日三本目のダイビングに行く珊瑚さんを見送って、私はグラディさん達のお迎えです。

しかし、今回は船のスケジュールが合わず、仕方なく『小船』で行くことにorz

いつも夕飯を外食する際に行く『湾』に、グラディさん達の乗るフェリーが到着。
ここではフェリーは着岸せず、それぞれのリゾートの人がそれぞれの船で停泊中のフェリーに迎えに来るシステム。この便は殆ど人が乗っていなかったのか、お迎えの船は殆ど無い。
フェリーの横腹に小船をくっつけて待つと、すぐにグラディさん達の姿を発見!
約半年ぶりの再会でした(≧∀≦)オヒサシブリデス

荷物を積み込み、小船に移ってもらったらリゾートへ出発ですw
グラディさんたちは小さな小船の出迎えに少しびっくりした様子><;

それでもちゃんとリゾートに到着し、まずは取り置いてもらった昼食を食べてもらいながら、チェックインの用紙を記入してもらいました^^
(やたらとたくさん料理が運ばれてきたのはご愛嬌でw)

記入も済んで、久し振りの再会を喜びつつダイビングの準備などをしていると珊瑚さんが今日最後のダイビングから帰ってきました^^

珊瑚さんとグラディさん夫妻は、ネット上ではMixiのコミュニティ『Black Rider’s. com』で、すっかり知り合いでしたけど、実際に会うのはこれが初めて♪(・∀・)b

すでに何度もネット上とはいえ連絡を取り合っていたので、それほど違和感も無くすぐに馴染んでくれていました^^
(勿論、双方のキャラクターも素敵ですから当然といえば当然ですがw)

そんなこんなで準備も終わり、グラディさんと奥さんのSさんのために船を出してもらいダイビングへ出発です^^b
(飛行機が遅れてダイビング本数が減るなんて悔しいですからね♪ちゃんとリゾートのオーナーには話してあったのですw)

本来なら私とグラディさん、それに奥さんのSさんの3人の予定だったのですが、お二人はブランクダイバーだということだったので、シャンが手伝ってくれるということになりました♪(・∀・)カンシャ

ポイントはリゾートからスピードボートで5分の場所。
ここは比較的穏やかで、魚の種類も豊富なエリアです。

しかし、何故か風が出てきて少し水面は荒れ模様(@@;
エントリー方法はバックロールなのですが、実はグラディさんもSさんもバックロールは初めて><
波も少し出てきているのでSさんにおいては少し不安そうな表情です。

簡単に方法を伝えて、まずはグラディさんから挑戦。
「BCDに空気を入れて、右手の指でマスク、そして右手の手のひらでレギュレーターを押さえて、左手でゲージを抱え込んだら、背を少し丸めて後ろに倒れるだけですwそうすれば自然と頭から浮きますので簡単ですよ^^b」
なんて言って、3・2・1とカウントする。

『どっぼーーーーーん!!!』

とグラディさんが水の中に入り、私とSさんは様子を見る。

「これだけで頭から上がってこれるので楽なエントリーなのですよ^^」
なんて話していると、浮いてきたのは・・・




         尻 Σ(・∀・; ナゼ?

Sさんは一呼吸置いて『大爆笑』です。(≧д≦)アハハハハハ

『尻』から浮上したグラディさんは、首をかしげながら先に飛び込んで待っていたシャンのところに行って待機。

次はSさんの番です(・∀・)
さきほどグラディさんを大笑いした直後なので、『尻』から浮くわけにはいきませんwww
BCDに空気を入れて、マスクとレギュレーターを押さえ、きちんと前かがみに丸くなって、エントリー!><b



ぷかっ

ちゃんと頭から浮いてきましたw( ̄∀ ̄)bグッ(←チョット誇らしげ

そのままグラディさんはシャンと。Sさんは私と潜降ということになりました。

ハンドサインと短い会話でシャンと打ち合わせをしていよいよ潜水開始です♪

耳抜きが心配と言っていたグラディさんでしたが、シャンに連れられてゆっくり潜行していきます。
Sさんは『潜る』ということ自体に不安がある状態の様子で、なかなか潜行体制に入れません。波間にお互いが少し見え隠れしている程度に離れてきてはいますが、シャンもインストラクターなので心配は皆無^^

グラディさんはシャンに任せて、Sさんの潜行に集中します。
ゆっくり落ち着くように指示をして、自分のペースで潜っていいことを伝えます。他に一緒に潜っているグループが居るわけでもないので、焦る必要は無いのですw。が、波が出てくると水面では不安定で波もかぶるので、取り敢えず顔を水面下に沈めた状態まで入ったほうが楽なのでそれだけは促しました。

そこから、Sさんの中世浮力は100%私が操作することにして、こまめに耳抜きの状態の確認をしつつ、少しずつ…少しずつ…ゆっくり沈んで行きます。

完全に沈んだところで再度中世浮力の調整を行い、手をつないだ状態でファンダイブの開始です。

すぐにシャンとグラディさんの二人と合流し、ゆっくりと辺りを泳いでいきます。3匹のウミガメに出会えましたし、無数のカラフルな魚に囲まれて1本目のダイビングとしては満足のいくものだったのではないでしょうか?^^b

陸に戻って器材をしまった後は、暖かいシャワーを浴びて着替えてから、先に陸で休んでいた珊瑚さんも含めてコーヒーブレイクw(・∀・)b
夕飯の時間まで休憩です♪

ここのリゾートは、他のリゾートと大きく離れた場所にあるので、とても静かでゆったりとした雰囲気が魅力です。
目の前に広がる白い砂浜と静かなサンゴ礁を眺めつつ、ログを書きながら過ごす時間と言うのはいいものですw

せっかくの再会でしたし、夕飯は島の反対側のレストランに珊瑚さんも含めてご招待することにしました♪中華を中心とした馴染みの店で、私とシャンがいつも食べに行くお店です^^

おなかいっぱい食べてもらってすっかり満足してもらったら、散歩がてらぷらぷらとリゾートへ歩いて帰りますw

グラディさんとSさんにとってはとても長い一日だったと思います^^
本当にお疲れ様でした♪(・∀・)

| ≪番外編≫Black Diver's ツアー | comments(0) | trackbacks(10) |

スポンサーサイト

| - | - | - |

コメントの投稿

トラックバック

http://black-riders.jugem.jp/trackback/143

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

レッドバロンの中古バイク情報

レッドバロンの中古バイクで最高のバイクライフを!レッドバロンであれば、全国ネットで整備の行き届いたバイクが手に入ります。楽しいバイク生活はレッドバロンから始まりますよ!バイクを買うなら中古も新車もレッドバロン。ホンダ・ヤマハ・カワサキ・スズキ・BMWな

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国についてのサイト情報案内です。
<< | HOME | >>

Calender

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.