カメラ持って絶景ツアー!(4日目(その2)『キャラバン隊?とキウイのおやじたちw』) | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

カメラ持って絶景ツアー!(4日目(その2)『キャラバン隊?とキウイのおやじたちw』)

さて、日にちが開きましたが再び更新です><b

トイレ休憩と買出しも済んで、いざオフへと向かう我らが『Black Rider's』ツアーの一行。

今日は『ロードレース(ちゃりんこ)』と被っているが、悪天候のため中止という噂もある。
悪天候ならそれはそれで悪路を楽しめば良いw(・∀・)b
車はちゃりんこと違い、雨風はそう問題ではないしねw

オフに入る事には雨がパラパラ、道はヌカヌカである。

そんなこと気にもせずに砂利道を快走していく『スペースギア』。
日本では三菱は色々叩かれていたようだが、ここでは未だ高性能のオフローダーとしての地位は譲っていないw
走破性は抜群だ♪><b

スリル満点の吊橋を見て渡って、大いに自然を満喫する^^
Oさんも大満足のご様子で私も嬉しいw

車に戻る頃には、結構濡れてしまっていたがこれも大自然の一部と思っていただくことにしましょう( ̄∀ ̄)b(ぇ

再度車を走らせ、検問ゲートへと差し掛かるエリアで、ふと普段と違う状況に遭遇。

十数台にも及ぶオフロード車がキャラバン隊の様に長い列を作り、そのゲート手前で道をふさいでいるかたちで止まっていたのだ( ̄д ̄;

雨の中、立ち話をしているキウイのおっさんたちに車から降りて状況を聞きに行くと…

おっちゃんA「この先で土砂が崩れてるんだよ。ロードレースも開催したものの、この先の状況がまだ確認出来てないんだ><;お前もこのままだといつ目的地につけるか分からないぞ?一旦引き返して別の道を行った方が良いぞ(・д・)」

とのこと。

土砂崩れ?雨風の激しい中ロードレース開催?orzアリエナイ

救急車も準備され列の最前の方に待機している。

無線機で一応先行隊に連絡を取ってもらったが、このままだと目的の宿に着くのは夜の8時を過ぎてしまう><
そうなれば、予約してあるお客さん用のマッサージも、美味しい『鍋』の特別料理もパーになってしまう( ̄д ̄;

仕方が無いので、車に戻ってOさんに事情説明。

今回は事情が事情なので納得してもらい来た道を引き返すことに。
これにはOさんも参加者が心配そうである。。。

とにかく引き返すことになった以上、ここに居ても仕方が無いので転回して車を走らせる。

すると、正面から一台の車が…。

すれ違う前に窓から手を出して合図している。

おっちゃんB「おーい!この先はもう通れないぞ!さっきDOC(環境局の様なもの)が来て閉めていったから!この先の道も閉鎖する様に言われてるから、閉じ込められない様にするには先に進むしかないぞ!(・д・)」

え?@@;
でもここの閉鎖は今月末でしょ?という疑問に、

おっちゃんB「土砂も滑っているみたいだし、今日のロードレースのついでに閉めちゃえてことさwこれでお前さんたちは俺達とご同行ってわけだwww( ̄∀ ̄)ヘヘヘ」

なんてこったい!?(TдT;

再度、転回して、少し先で待っていてくれた『おっちゃんB』の車を追い抜き、先ほどのキャラバン隊の様な列の最後尾に車をつける。

Ohirasan tour 106.jpg

その様子を見て、さっきのおっちゃんAが声をかけてくる。

おっちゃんA「どうした?」

私「入り口のゲートがもう閉められて…カクカクシカジカ( ̄д ̄;」

おっちゃんA「うぇるかむばっくwwwwww( ̄∀ ̄)アハハ」

なんだか嬉しそうだぞ?;;ナゼ?

そこはスタート地点のはずなのに、すでに自転車が壊れてリタイアしている人も居る。。。

土砂崩れの関係?応急救護セットは積んであるし、いざとなればレスキューはお手の物である。などと参加者を少し心配…って、

キウイのおっちゃんたちは、雨の中でも気にしない。
傘も差さないし、濡れながらでもとにかく色々食ってます。

なんだか楽しそうだ(;д;)キンチョウカンハ?

暫くして、おっちゃんたちが車に乗り込むと、ゆっくりと隊列は動いていく。私たちの車も当然後に続いて進んでいく。

途中には増水して泥沼みたいになっている川を渡ったり、大きな石が転がっているのを避けて進んだりと、冒険気分満載><

しかも目の前には十数台の四駆が思い思いの装備を着けて走っているのだw
まさに水曜スペシャル探検隊気分♪(古

途中途中で様子を見たり、道の様子の関係やリタイヤした人の回収などで立ち止まる度に、おっちゃんたちは何か食べている。。。
外に出てきてしゃべる時も、車の中に居る人でもとにかく
パクパク(・〜・)ムシャムシャ パクパク(・〜・)ムシャムシャ

Oさんも「よく食べますね〜^^;」と感心しているw

そう。彼らはよく食べるし、よく飲む。そしてよく寝る。

一回の停車が長いので皆思い思いに時間を潰している。

・何かしら食いまくっている者
・雨でも降りてきて別の車の人と話す者
・今夜の『飲み』の話で盛り上がる者

たまーに無線機で今日の任務について連絡してる…

見事に『典型的なキウイのおっちゃんズ』代表がその場に募った様な光景でしたorz

全体的に体格の良い(でっぷりとしたなんて言えない><;)
おっちゃんが多いのですが、基本的に皆陽気♪(・∀・)

こんな状況で飛び入りした私たちにも友達の様に話しかけてくる。

写真を撮りにOさんが車を降りて、広大な原野の写真を撮る時でも、彼らは陽気に話しかけてくる><;(レスキューする気はあるのか?!orz

ふと見ると、全車オフロード(四駆)の中でも、一際目立つ一台が…

それは黒い『日産サファリ3ドア』
無線機を二種類(VHFとUHF)で装備しており、ブルバー(日本ではカンガルーバンパーかな?)は勿論、ウインチからルーフカーゴ、巨大タープも搭載していて、車高も上げてある( ̄∀ ̄;本格的だ!

話してみると『男の車なんだぜ( ̄∀ ̄)bシブイダロ?』といった感じ^^;

しかし!






その車には!!























何故か『くまのぷーさん』が運転席の真ん前の位置に鎮座。。。


私「男の車… に、何故『くまのぷーさn』?」( ̄д ̄)?

おっちゃんC「えーい!それはいいんだ!(〃д〃)テレテレ」

柄にも無く恥ずかしがってるwwwwwww( ̄∀ ̄)

とにかく『愉快なオヤジ』たちである♪

行軍はとにかく遅く、のんびりである。
ま、それも地形の状況を確認をしながらなら仕方がない。

私たちの車の後ろには『おっちゃんC』の車しか居ないので、前には常に長蛇の列が見える。

これはこれで迫力があって良い^^


広大な原野から渓谷地帯に入った辺りでもOさんは撮影開始。

ほぼ『野生化している牛』などを撮り、おっちゃんBの車が追いついて来た頃を見て車に戻りかけると…と、同じ時に同じ様に前に止めていた車も発進。

かと思ったら、急停車!( ̄д ̄)ン?

するとおっちゃんの一人が何かを手に運転席から降りてきた。

何かと思ってよーく見てみたら…

     『水筒』

蓋もせずに逆さまにして振りながら歩いているところを見ると、どうやら『空っぽ』になったらしい^^;

じっと見ていると「なくなった〜;;」と呟きながら、水筒をフリフリ『おっちゃんB』の車へ…

どうやら『おっちゃんB』の車の二台には大きな水筒が積んであり、この水筒のおっちゃんは、発進しかけて空になっている水筒に気付き、ジュースを補給したくて止まったのだ( ̄д ̄;オコサマデスカ??

おっちゃんBは慣れた様子で「次の休憩場所で補給するから、今は我慢して先に進みなさい。」なんて言ってる…orz

ちょっと残念そうに「はーい」と言ってトボトボ自分の車に戻る『水筒おっちゃん』。まるっきりお子様ですね^^;

雨が降ったり止んだり、風が吹いたり止んだりしている中、いくつものゲートを越えて四駆の列はゆっくりと進んでいく。
Oさんも私も途中でご飯を食べ、ちょっとまったりしてます。

何度か『地滑り』の後を抜けて、予定よりも4時間遅れて『NZで一番標高の高い道』に到着(・∀・)b

Ohirasan tour 111.jpg

しかしこのペースでは、予定のチェックインの時間よりも遥かに遅れてしまう。かといって携帯は通じないし、『無線機』では宿には連絡出来ない。。。

取り敢えず、Oさんには車の中で待っていてもらって、この隊列のボスに事情を話してみることにする。

話してみると、思ったよりも呆気無く「いいよ(・∀・)?」
とのこと^^;

「この先で全車道を譲らせるから気をつけて抜いていってね」
とすんなり言ってくれ、さらに「この先はもう安全だけど、ロードレースの参加者には配慮してあげてねw」とのこと。

「勿論だよw今日は楽しかったよ!ありがとね^^」
と挨拶をして車に戻り、Oさんに報告♪
これで夕飯もマッサージも逃さずに済みそうだ!><b

暫く走った所で、全車が左に寄ってくれる^^

先頭を走る『ボス』の横で車を止めると、何人かでにこやかに手を振ってくれているw

お礼を言って行こうとすると…

「今夜の俺達のバーの席確保しておいてくれよ!!!!!!」

顔はマジである( ̄д ̄;オイオイ

そんなこんなで隊列を離れ先を急ぐ。

途中には何台かのレース参加者も居たが、それらを慎重に追い抜いていくと、そこは南島の温泉地の一つ『ハンマースプリングス』w

Ohirasan tour 117.jpg
↑雨の動きが見えるほどの集中豪雨><;

ここでお手洗い休憩をしてもらっている間に、マルイアの温泉に大至急で電話!!!!

マッサージの時間と夕飯の時間を変更してもらうことにする。

するとマネージャーが出て、
「Masaが今の時間になっても来ていないってことはそんなことと思って変更しておいたわよw^^」
と嬉しい配慮のお陰で、ここからは安心してゆっくり道を走る。

着いた頃には、マッサージの時間30分前><;

すぐにチェックインして、荷物を運び込んで宿の説明。
少しの休憩後、マッサージの為に迎えに行ってOさんくつろぎタイムw

私は部屋で写真のDLと整理。

マッサージが済んだ時間に迎えに行って、そのまま予約してあった新鮮な『鮭』たっぷりの『石狩鍋』♪

Oさんも海外に来て、こんな『地方ものの日本食』が食べれるとは思って居なかったらしく、かなり喜んでもらえましたw

しっかりデザートまでのフルコースを食べて、その後は解散して私は内湯でのんびりくつろぎました^^

風呂上りにOさんの写真もDLして、少し写真について話した後は、この日も深夜の露天風呂に備えて、少し早めの就寝です♪(・∀・)

長い一日お疲れ様でしたw

| 車・7泊8日『ゆったり型』ツアー | comments(0) | trackbacks(4) |

スポンサーサイト

| - | - | - |

コメントの投稿

トラックバック

http://black-riders.jugem.jp/trackback/117

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

キャラバン オーテックチェアキャブ

車両本体価格63 万円(税込み) 保証料込み 整備費込み リ済別 メーカー日産 車名キャラバン オーテックチェアキャブ 年式H8 ミッション5速MT 修復歴無 色白 排気量2700cc ドアタイプ福祉車輌4ドア/キャブバン 車検検20/11 走行距離84050Km 装備エアコン パ

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

日産・サファリ最新情報

日産・サファリサファリ(SAFARI)は、日産車体が製造、日産自動車が発売する四輪駆動車である。発売開始は1980年6月の160型。発祥は1951年9月発売の「日産・パトロール|パトロール」(4W60型、1960年10月に60型にモデルチェンジ)に遡る。また、海外では「PATROL(パト
<< | HOME | >>

Calender

<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.