車・短期『活動型』ツアー | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

Aさんツアー『オンステージ』(怒涛のツアー2日目)

今日はAさんのご両親の希望で朝ごはんは8時。

今回は昨日の家族風呂に引き続き、洋食が得意でないというAさんのお父さんのために特別に日本食をサービスさせて頂いたわけですが、外はあいにくの…;;シクシク

これでは…








『プラスマイナス0(ゼロ)ではないか!?』( ´△`)チーン…

せっかく天気の良い朝に異国の山の温泉宿での『日本食』を
満喫して喜んでもらいたかったのに…orz

ま、日本食はそれはそれで楽しんでもらえたようなのでおっけーとしましょうw

朝食を食べた後は、一番湯張りたての家族風呂で朝風呂をゆっくり浴びてもらってからの出発です^^(スタッフはコーヒータイム♪

少々雨降りの出発となったわけですが、時折雲の間から見える雪山がなんとも威圧感があって良い感じ><b
迫力あるドライブとなりましたw

ルイスパスを抜けて、シーニックルートを抜けてカイコウラへと向かいます。途中何度も写真撮影の為に車を止めながら先へ進んで行くと、少しずつ晴れ間が覗いてきました^^b
これは結構嬉しいですねw雨の後で空気の澄み具合は最高です♪

カイコウラに着く頃にはかなり青空も大きく、天気は良かったのですが…














『風が強い!!!』ギャ━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━ !!!!

散歩出来る感じではありませんでした(号泣

続きを読む >>

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(0) | trackbacks(3) |

Aさんツアー『外伝』(怒涛のツアー・深夜編)

深夜2時…














いつもお決まりの時間に目覚ましが鳴る…














なのに…















続きを読む >>

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(3) | trackbacks(3) |

Aさんツアー『ドタバタすやすや』(怒涛のツアー1日目)

朝、7時45分。
Aさんとそのご両親を空港まで迎えに行くため、準備をして車に燃料を満タンにして出発。

まずはAさんの住む『フラット(間借り住居?)』へ^^
前に車を止めるとすぐにAさんが出てきましたw
1泊用と思われるカバンを持って出てきたので、受け取って車に積もうとすると
「このカバン重いんですぅ><」と言う。
「平気ですよ〜^^」と言って受け取ると…



『軽い@@;』

5kgくらい?とにかく軽いんです(苦笑

取り敢えず空港へと行き、待合ロビーで朝のコーヒーw
程なく飛行機が到着。

和やかな親子の再会でした^^
今回は日本からAさんを訪ねてこられたご両親のための短期のツアー^^
短い時間ですが、出来る限り楽しんでもらいたいものです♪

再会も済んだところで車に乗り込んでもらい、Aさんの希望でツアーに組んだネルソンの
『フリーマーケット』へw
気候も良くなってきた為最近は出店数も多く、大変賑やかです♪

一通り歩いてAさんはご両親を『ドイツのソーセージ屋』に連れて行って朝食。

Aさんの英語?(品物の名前はドイツ語です)は通じていない;;ムズカシイノデス

お店のおばさんがこちらに苦笑いを向けてくるもAさんが頑張っている間は見守るしか出来無い><;ガンバレ

結果、おばさんの鋭い読みでAさんの発音出来た『ぶら…ぶら…』の『2文字』から推測!(頼みたかったのは『ブラトゥウルゥスト』

オーダーは無事に出来ました( ロ゚)゚ス、スゲェゼ

ちょっとコーヒーを『頼み過ぎて』、待ち時間が出来たのですがその時間は親子で話す時間にしてもらって、私が店の横に立って待つことにしました。良い時間を持ってもらえたなら幸いです^^;

そんなこんなでAさん一家はお腹いっぱいになった状態で、ネルソンを抜けて一路モトエカへ。

途中『不時着した宇宙人の電話ボックスからの救援要請?』などを見物しながらのドライブですwAさんは大興奮で写真を撮っていましたw

宇宙人のあとは、これもAさんご希望の『NZフレッシュアイスクリーム』のお店へw

勿論、私の中でネルソンエリアで一番美味しい場所を紹介しました><b
3人ともお腹いっぱいだったのにここでも全て完食…(´∀` )スゴイネ

さらに車は進んで『Takaka Hill』と言う名前の『マウンテン!』を越えていきます><

この『Hill』!

時には雲より高い!
今までの日記でもクドイ程主張していますが、

       『Mountain=山』

に変更すべきだと思います><b

さて、そんな私の主張はさておき、この丘と言う名の山では景色の良い場所で何箇所か止まり、無事にゴールデンベイのあるTakakaエリアに到着です。
この時にはすでに12時を回っていましたが、誰もお腹が空いていないと言うのでそのままププスプリングスへ直行。

ここは何度も日記に載せてあるので解説は不要ですね^^
私がかつて毎月の様に潜って、観光者用の水中見物のための鏡の掃除を行い、環境保全に協力もして写真撮影を5年間してきたお気に入りの場所ですw

     Sekiguchi Family Tour 023.jpg
写真はププスプリングスを本当に気持ち良さそうに楽しむAさんのご両親w


ちょっとした散歩コースをAさん一家には歩いて頂いて、その先にある泉を見物。Aさんのご両親には本当に喜んでもらえたようです^^b(Aさんの反応はちょっと不明^^;

次に向かったのは『知る人ぞ知るビールを売る店w』
そのお店での『自家製』で他の場所ではどうやっても手に入らないビールが多々ある地元の人の憩いの場w

Aさんのお父さんの方は濃くて重い味の『Dark Horse』
AさんとAさんのお母さんはりんごから作った『Apple Roughy』
あとは軽いおつまみを頼んで、飲み終わる頃にはほろ酔いのAさん。ご両親も満足のようでしたw

さらに『グルメ』は続きます!><b

次に向かうはこれもAさんの希望で『チーズケーキのお店』^^

今まで『6種類』の手作りチーズケーキが日替わりで出てくるお店だったのですが、この日ここには『見慣れないケーキ』が…


『新作である!』ヽ(´ー`)ノ

仕事でなければ真っ先にオーダーしていたことでしょうw(ぁ

種類は…














   『オレンジ&チョコレート』
      魅惑の組み合わせです(*゚∀゚*)

完全にお腹がはち切れそうになったAさん一家。
マルイアの温泉につく頃には夕飯のオーダーが出来なくなることを告げても関心はあまり無し(そりゃああれだけ食べれば普通そうですよね…^^;

取り敢えず、お持ち帰りで和食を勧める事にして相談すると、それで決定となったので、すぐにアシスタント見習いのnaoに連絡><b
naoはすぐに手際良く手筈を整えてくれました♪

夕飯を受け取る予定のネルソンまではみなさん爆睡。
カーブの多い『Takaka Hill』でも誰も起きていません。。。

ネルソンに到着して、夕飯の調達と同時にご両親がAさんが働くお店(naoもいます)でご挨拶。

ここからnaoが研修も兼ねて同行となり一路マルイアへ。










……








………


ここでも誰も起きていません^^;(naoを除く
(そりゃあそうです^^
忠告もしてあったことですが、これだけ移動と内容がハードなプランなのですから…)

途中、一回の休憩のみで一気に目的地に到着しました。

部屋へご案内して、さらにサービスで家族風呂の手配も終わり解散。夕飯はお持ち帰りで用意したので、別々に好きな時間に食べることも出来ましたからね^^

我々もすぐに夕飯の支度をして夕飯(この時午後7時半

おやつ系をあの状況でお客様と一緒に食べるわけにも行かない私は、朝から何も食べていなかったのでお腹の獣が吼えまくりです><;
やっと本日一回目の食事を取ることが出来、しかもしっかりがっつり食べることが出来て大満足でしたヾ(≧∀≦)ノ゛

まだまだ続きます。。。to be continued

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |

Aさんツアー『嵐の様に…』(怒涛のツアー前日)

今日はnaoがお客さんを紹介したいとの事で、夕方に『プライベートツアー』の説明の為に事務所まで連れてきてくれましたw><b

が、このお客さんの女の子はnao曰く、少し『おっとり』としているのこと。
(前回に引き続きまた不思議ちゃんですか?!(@@;

そのお客さんの名前は『Aさん』。ご両親が来られるとの事での依頼です。
ただし、ツアー開始が翌日からの日帰り、もしくは1泊2日で南島ネルソンを中心に最北端とマルイアスプリングスを含む北部をほぼ全部網羅して周りたいとの急な依頼です。
さすがにそれは私達でも時間的にも距離的にも『厳しい』です><;
やって出来ないことは無いのですが、ポイントでのゆっくりとした見物も出来なければ休憩も取れないツアーではせっかくの良い場所も台無しですから、弊社ではよほど強く希望されない限りそういったプランは組まないようにしています

さらに予算と希望を纏めると『超激安長距離当て無しプラン希望』とのこと…

写真と地図などを見せながらツアーの説明後、一通り話を聞いたAさんはご両親に確認の連絡を取りたいという。

しかし!Aさんは

『ご両親の宿泊先を記憶していない ド━━━(゚Д゚)━━━ン』

と言う。
それでは連絡なんて取れません;;

それでも「連絡を取らないと〜」というAさんの希望を尊重し、至急その後両親の宿泊先をAさんのうろ覚えの記憶を頼りに捜索。どうにかそれらしいホテルを探し出すことが出来ました^^;

電話番号をメモしてAさんに手渡し、電話を貸してあげることに…><b

Aさんは慎重に番号を押して…














どうやら『通じていません』orz

微かにもれる電話の受話器の感じでは相手は『混乱中』。
電話は面と向かって話すよりも意思の疎通が難しいですからね。動揺しやすいものです。
その会話の内容はどことなく、オゥ、イェ〜スおばさんを彷彿させるところがある。

結果、受話器を代わって貰って話すと、受話器の向こうのホテルの受付さんは上手く会話が伝わらずかなり困っていた様子。
結局、受付嬢がAさんに言っていたのは「ご両親の名前がここには無いから同系列ホテルの別棟の方かも知れませんね。」ということでした^^;

すぐにそっちの電話番号を聞いてAさんに手渡す。
念のために「もし宜しければ私がかけましょうか?」と言ってみても「自分で出来ますぅ><」と言うので様子を見ていると…














『やはり通じていない…』orz 慣れはとても大事です;;














しかも、呼び出し相手のAさんの苗字さえまともに伝わっていない様子。。。
アルファベットで言っても発音が

『126%完璧なまでの『日本語』であるため伝わらない;;』
(私もこっちに来てそれなりですが未だに『L』と『R』の発音は苦手です;;)

結局、Aさんギブアップで突然電話を代わることになりました(苦笑

一通り私が説明し直すと受付嬢は「その名前のご両親は外出中です。」とのこと。Aさんにそのことを伝えると「え〜?ん〜?」と考え込む^^;

メッセージでも残しておきますか?と聞くと、「え〜?」っと言いながら受付嬢をしばし待たした後、「やっぱりいいですw」と会話終了。受付嬢には礼を言って電話を切っておく。

結局、ご両親には連絡を取らずにAさんの独断で決定^^;
ツアーは1泊2日!けど、走行距離は1000km!!

かなりハードです。。。私は良いのですが『ご両親』の体力が心配ですorz

そんな心配は全く伝わらないのか、翌日の集合場所と費用を確認してAさんは帰宅を希望。送っていくことにしました^^;

毎度、個性溢れるツアーを案内してきていますが、果たして今回はどの様なツアーになるのでしょうか?

続きは次の日記で><;

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |

姫様ツアー『光陰矢の如し』(三日目)

今日も快晴!
本当に天候に恵まれている姫様><b

朝から車を走らせエイベルタスマン国立公園の入り口に当たるマラハウという町へ。途中には不時着してしまい電話ボックスから助けを呼ぶ宇宙人などを見ながらちょっとしたドライブw

目的のビーチは干潮のためにかなりの広さになっていて、いくつかの船は『座礁状態』で浜辺に転がっているようにも見えるw
今回乗る馬は映画『ロードオブザリングス』に出ていたハリウッドスター馬?
かなり大きめですwでも冬の間に脂肪を燃やしてきた馬達は若干痩せたかな?といった感じ。

早速、馬に鞍を着けたら乗馬の開始!姫には『プリンス』と言う名の大人しくも逞しい馬が与えられたw

『白馬に乗った王子様』ではなく…

『葦毛の馬が王子様』>m<

ちょっと素敵な組み合わせ♪

さてさてこのお姫様どこまで多才振りを発揮するのか、馬をいとも簡単に操っているではないですか?(@@;

発進・停止・左右旋回・バックまで。さらにギャロップ状態の馬上でもバランスを崩さない。正直驚きました^^

大抵日本人の女の子は、馬が軽くステップを踏み出すと怖がりだしギャロップ状態になるとパニックになるのが多いのですが今回は違うbパドックでの練習も短めで浜辺へと歩いていきます。

目指すは勿論『暴れん坊将軍!』
その意味は当然『広大な砂浜をかっこよく走り抜けること!』
ぱ〜ぱぱ〜♪ぱぱ〜ぱぱ〜♪ぱ〜ぱ〜ぱ〜〜ぱぱ〜♪ と言うやつです!(イミフ

姫の名を関する以上せめて『暴れん坊・将軍』くらいくらいにはなっておきたいところ><

ちなみにその下の称号は『小チキン』『チキン』ですorz

川を渡りコンディションの良い砂地を歩いていき、いよいよ『将軍タイム!』姫の顔もやや緊張気味w

3頭の馬が並んでスタート!
おっ?!姫の馬はギャロップだ!速度は出ているのに『走る』まで行かない状態。これは正直不安定だぞ?!って姫、余裕で乗っているように見えまするが…^^;

何度か挑戦した結果、5秒ほど?姫も走ることに成功!><bヤッター
でも走るよりも難しいギャロップで落ちるどころかバランスを完全に取りきった姫は立派な『暴れん坊小将軍』です><bbb

海の中でも絶妙の手綱さばき!御見それしました><b

姫 Trip 053.jpg

次回チャンスがあれば今度こそ一緒に駆け抜けてみたいものだね〜♪

乗馬の後は姫が興味を持っていた『選べるフィッシュ&チップス』で昼食。
今回のフィッシュは『Blue Cod(たらの仲間)』^^
2つしか頼んでいないのに4つも入っていておじさんのさり気無いサービスに喜ぶも『さすがにこれは多過ぎるって』^^;。

ここから先は姫がホエールウォッチングをしたいとの事からカイコウラへ。どちらにせよ、明日から別のツアーに出る私はクライストチャーチに行くので途中まで一緒に行くことに。でもそのツアーと言うのが『バイク』のツアーなので姫は私の後ろに乗っての移動となる。

途中、以前来られた『とあるソムリエ』のお客さんからも薦めてもらったワイナリーでアイスワインを姫が購入。私も一本つられて買ってしまいましたwww

夕暮れが近付くと気温が急激に落ちるのでペースは落とさずに目的地を目差す。途中制限速度×1.5くらいでもやはり姫は動じない。う〜む、流石だねw^^w

目的のカイコウラに着いた時にはもう暗くなり出していたけど夕焼けがとても綺麗で素敵でした。本当は最後までご一緒したいところでしたけど、先約を入れたお客様が居たのでここでお別れ。

姫 Trip 011.jpg

予約を入れておいた宿の前にバイクを止めて、後から部屋へと荷物を運び込む。宿のマネージャーに明日の姫のホエールウォッチングとバスの予約の手配を念入りにお願いしておく。

不安そうな姫に見送ってもらいながらクライストチャーチへ。

どっぷりと日の暮れた闇の中を黒王でひた走る…寒い!!!><
トラックの後ろは若干暖かいけど眠くなる。。。orz
そんな葛藤をしながら走ることしばし、ふと目に入った看板には『Christchurch 100km』の文字が!

なに!?まだそんなにあるのか!?
このままでは夕飯を逃すどころか宿のチェックインまで逃すぞ?!

とのんびり走っていた自分に後悔!
「逃してたまるか!お気に入りレストランのラストオーダー!」
  ↑それが問題なのか?

両手の悴んだ手をニギニギして気合を入れなおす。
次の瞬間にはトラックの横に出て一気に加速><;
スピードメーターが一気に跳ね上がって集中力増加^^

無事にチェックイン・着替え・レストランへの飛び込みオーダーも全て成功b行きつけの韓国料理屋のオーナー、いつもこんなのでスミマセン^^;

かくして姫様ツアーも終了。明日からバイクでのツアー開始ですw

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |

姫様ツアー『熱く燃えて…』(二日目)

この日はバイクでお出迎え^^
今日のプランは『4×4バイク』『スカイダイビング』というかなりアクティブなものばかり♪

簡単にバイクの後ろに乗る方法を説明して町から20分ほど離れた「Happy Valley」へ。晴れた景色の中バイクは100km/hで走っていくけど姫はまるで動じないw到着してもニコニコしている^^

4×4バイクは言ってみれば『オフロードバギー』><b
泥沼だろうがきつい傾斜だろうが川の中でも渡れるという高い走破性能を持つ。大きくバイクと違うところはアクセルが『回す』ではなく『押す』ところと、クラッチが無いところ。

それでは説明を受けて、いざパドックのサーキットへ。
ちょっとしたコースでバイクに慣れることからツアーは開始。姫も最初はおっかなびっくりだったのに段々とスムーズに走らせれる様になっていく。頃合を見てガイドさんが本格的なコースへ行く前に「昨日来たタイ人のグループは大変だったんだよ。一人は練習の時点で柱に激突したし、一人は池に落ちた。^^;」などと笑いながら話している。それに比べて姫は飲み込みが早くて良いwということらしい^^b

それではいよいよ山の中のコースへw

最初の関門は川渡り><b
姫も足をボンネットの部分に上げないと濡れてしまう深さを無事に走破w

で、山道へ。
曲がりくねった道をどんどん山頂目差して上がっていく。
走り出して10分位のところでふと後ろを見ると

あっ!

こけた!?(@@;

すぐにバイクを止めて駆け寄る。
バイクは完全に横転。逆さまの状態。姫はその横に「ぽて」っとこけていたもののすぐに起き上がってバイクの横でぼーぜんと佇んでいる。その際に怪我らしい怪我は見つからなかったけどかなり驚いてしまったようだ(当然だけどね^^;

バイクのハンドルが曲がっていたので姫のライディングはそこで終了;;
幸い大きな怪我が無かったのでその場にバイクだけを置き去りにして私のバイクの荷台…もとい!後ろに乗ってもらい先へ進む。

山と山の間をワイヤーに吊るされたゴンドラで一気に降りる絶叫マシン?に乗っても、お茶をしてもどこか姫は調子が悪そう…。元気が無い。ちょっと心配ながらも山を下る。置き去りにしたバイクは修理に若干の手間はかかるけど問題無いようなので上手く話をして許してもらいました^^b

だから姫も気にしないでねw



お昼の時間になりいったん町に戻ってからは…

さて!気を取り直してスカイダイビングへ!

ここからは車に乗り換えての出発^^

姫は『クレイジーなダイブ』を希望というのでタンデムガイド(後ろで一緒に飛び降りる人)に『気合の入った激しいのを頼むb』と一言添えて置くを忘れない。

飛行機が飛び立って暫く休憩。コーヒーを飲みながらチェコ人のダイバーとチェコ語でちょっと会話w彼は「国には帰りたくない」とよく言うがチェコ語を聞くといつも嬉しそう^^ま、そんなのもだよね♪

そんなことをしているうちに姫の飛行機が高度13000フィートに到着。ダイブの開始!

最初はうす〜い『点』にしか見えないのが段々はっきりしてきてパラシュートを開いてやっとはっきり位置が見える。

降りてきた姫はかなり嬉しそう^^
取り敢えずバイクでのショックは和らいでくれたのかな?なんて考えながら撮りたてのビデオ鑑賞w
思いっきり楽しんでいるようで恐れを感じている様子は…






『皆無』






さすが『姫』です^^

姫 Trip 028.jpg

何はともあれ無事に今日のメインイベントは終了><b

軽く地元の綺麗な渓流を見に行って、ネルソンの町に帰って休憩タイム。朝の姫のクラッシュ?スマッシュ?した後の怪我の具合が心配です><;

一時間ほどで夕飯の為に迎えに行くと

「痣が出来てた〜〜〜〜っ!!!!!w」><;

という。その指差す『膝』を見てみると…

げ!本当に凄い!
自分の怪我は平気だけど女の子の怪我は見ていて痛々しい−−;
夕飯の中華を満喫の後は私の家で湿布薬を取り姫に渡し少しでも早く直して欲しいと思っても私に出来ることはそれが精一杯orz

「上半身はバイク用のジャケットにプロテクター付いていたから平気♪ありがとーw」をいう姫の優しさに救われました><感謝感謝

星を眺めに行って流れ星を見てロッジに帰る。
今日も一日お疲れ様でした^^b
明日は乗馬!目差せ『暴れん坊・子将軍!』

| 車・短期『活動型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | HOME | >>

Calender

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.