車・短期『ゆったり型』ツアー | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

ハプニングは突然に…

JUGEMテーマ:旅行

当初の予定を大きくずらして滞在した今回のクライストチャーチトリップですが、
Hさんも予定を全てやりきることが出来て、「充実した時間を満喫出来た!」
と言ったとこでしょうか^^

私も思いがけずヘリに乗ったり、素敵な時間を過ごせましたけどw d(・ω・*)

クライストチャーチを出て、最初の小さな町で温かいコーヒーを持ち帰りで購入したら、
今度は内陸部に入っていくハイウェイをひたすら走っていきます。o口(・∀・ ) ゴクゴク

この辺りまで来ると車の数は極端に減り、私の前には1台しか車がいません。

その車もフラフラと走っていて、居眠りでもしているのでは?と思えるような運転です。

変な事故には巻き込まれたくないので、見晴らしのいい場所で一気に抜き去り、
安全距離をとって進んでいきます。ε===(っ≧ω≦)っ



暫くしてハンマースプリングスを越えた辺りから突然雲が下がり出し、
ただでさえ暗い夜空がそれ以上に暗くなったかと思うとパラパラと雨が降ってきました。

助手席で音楽を聴きながら話しているHさんに、
場合によってはネルソン到着はかなり遅れることになることを説明して
運転に気を入れなおします。


すると案の定、降ってくるものに『白いもの』が混ざり始めました。

降り出し

最初はしんしんと静かに…

そして段々大粒も混ざってきて…

見る見る内に目の前の道路が白く染まっていきます。

なのに後ろからは明らかにキウイの運転する四駆が凄い勢いで煽ってくる。。
先に行かせようとしても道がそれほど広くないせいか追い抜こうとしません。

危険な雰囲気がどんどん増して来たころに回転灯を付け、
窓から手を振っている車とすれ違いました。

それは道路チェックの作業車で、車を止めて窓を開けると

「この先は危ないから行かないほうがいい!」

「だから引き返したほうがいいぞ!」


と吹雪の中叫んでいます。

確かに降雪はどんどん激しくなっていっている。
このままでは相当積もるのは明らかだし、明日には凍結して大変なことになるだろう。

話を終えてHさんと簡単に話をしていると、さっきまで後ろにいた車が私の車と作業車を
避けるように走り抜けて先へと進んでいきました。

と、思ったら暫く進んでその先の上り坂の手前で停車。

どうやら引き返す気になったようです。

私も作業車の人に、「ちょっと検討してみる!」と親指を立てて返事をして少し車を動かしてみた。

さっきのキウイの車が引き返している地点まで来てブレーキング。。

足回りの手応えに問題は無い。

これならいける!と判断して、慎重に峠に入ることを決定しました (・ω・。)ノ=з バイビー


雪はドンドンと深くなり、降っている量も増していきます。が、ハマーの足回りはしっかり
していて、スリップ一つ起こさず大型のタイヤは確実に地面を噛んで進んでいます。

少しして峠のサミット(頂上)に差し掛かり、下りだしたところで雪の少ない場所を見つけ、
車を止めてちょっと写真撮影w

積もってきた…

それでもまだまだ降っています。

そこから下ること20分ほどで、マルイアスプリングスの温泉リゾートに到着。

「まだまだこの調子じゃ、ネルソンまでは時間がかかります。
せっかくですしコーヒーでも買って行きませんか?」

と、Hさんに話を持ちかけて、駐車場へと車を回します。

ちょうどそこには除雪用の作業車数台と作業員が数名、打ち合わせなのか待機中なのか
集まっていたので、駐車場に入る前にロードコンディションを聞いてみることに。

すると今、私たちが来た道はこれからドンドン降り積もるのは確実と言い、
この先も80kmほど離れたマーチソンの町までは怪しいと教えてくれました><;

しかし、私の車を見て「そいつ(HUMMER)なら気をつけていけば大丈夫だろうよw」と
ニヤッっと笑顔をくれたのを見て、安心してリゾートの駐車場に進入しました。

車を降りて中に入ると、Hさんは受付にいた友人の顔を見つけて大騒ぎε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー


Hさんが友人たちとしゃべっている間に、私はコーヒータイムw

そんな風に一人でコーヒーを飲んでいる途中に少し車を動かしに行くと…

少しすると…

車が真っ白に埋まっていましたwwww (°◇°;) ゲッ
((いったいどんだけの勢いで積もっているのですか・・・。。))

お持ち帰りの予定だったコーヒーも飲み終わって、まだ話に盛り上がっているHさんを
待ちながら少しゆったりしていると、このリゾートに泊まっているお客さんが

「車が動かせない (´;ω;`)ウッ」

と、レセプションに相談にきたんです。

女性のお客さんで頭にスカーフ?を巻いている辺りからイスラム系なのはすぐに分かり、
雰囲気からなんとなくマレーシアかな?と思いながら声をかけるとやはり大当たりw 

マレーシアでは雪なんて降らないので、こういう事態にはまるで慣れていないのでしょう。

Hさんや他のスタッフもすぐに後から来ると言うし、
この女性も「是非おねがいします。」と言うので、先に駐車場に向かうと…




うわ・・・




駐車場は坂の下にあり、そこには完全に雪に埋もれた敷地に
4台の真っ白に埋もれた普通車が4台…。

そのうちの1台を指差しているので、雪を払ってそれに乗り込みエンジン始動。

まずはその位置から動かすのにそのままでは動けないので、
半クラの断続を使うことで車を揺さぶりながら脱出。

さて、問題の坂道。
ここの坂は角度がそこそこで結構距離があるので、通常では上がれそうにない。
この車はFF車だしここはバックで挑戦。

少し勢いを付けて坂に進入するが、どうしてもある一点で止まってそれ以上進めない。

そこは舗装されている部分と地肌のままの境目のギャップ><;

あとから4・5人のスタッフとHさんも駆けつけてきたので、バックのままその位置で
試しに木を敷いて、数人で押してもらうことにしたけどこれは失敗。

それならと運転手を交代して前向きでしたが、さらにタイヤの空回りが酷くこれも失敗。


なにせこのレンタカー、タイヤの溝が殆ど無い状態 Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!


何かで引っ張り上げれるか?と言うことになり、牽引出来そうなロープをリゾートの
スタッフに頼んで持ってきてもらって、一か八かハマーを坂の途中まで降ろす。

そして牽引出来る位置に止めて、ロープを繋…


アレ?Σ(゚∀゚*)


この車…どこにも牽引用のロープをかけるところが付いていない…。。

試しに他にスタックしているレンタカーも調べてみるけど、


やはり、これも牽引不可能… orz
(最近の車には牽引用のフックは付いていないものなのでしょうか…?)

タイヤについてはこっちもどっこいどっこいなくらい溝が無い。。。

牽引も出来ない車によくこんなつるつるタイヤを履かせて冬のNZで貸し出しているな…
と呆れてしまいます。

牽引と言う手段も断たれて、どうしようかと悩んでいるとこのリゾートのスタッフの一人が
大きなタオルを持ってきてくれたので、『これはあのギャップの部分に使える><b』と思い、
車の元へ戻るとこのマレーシアの女性はタイヤの空転による臭いが気になったらしく、
もう動かさないでそのまま置いておきたいと言い出したので、代わりにそこにいた
中国人のカップルの車を動かすことになりました。

ギャップのある難所の部分にタオルを敷いて、勢いをつけて坂に進入し、
タイヤが滑り出したところで皆で後ろに回りこんでひたすら押す!!!ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘

ギャップの場所で多少の苦労はあったもののどうにか、押し続けて坂の頂上まで無事に到着!

それを見て、さっき一度は諦めていたマレーシア人のグループももう1回頼みたいと
いうことでこれも一気に押して上がる。

このころにはかなり地面が凍っていて、途中で車を押しながらパタパタとコケている
人も居ましたがどうにか成功!ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!



皆で成功を喜んで解散となり、私もロビーに戻ってタオルを貸してもらい、
雪でずぶ濡れになっている頭を乾かして一休みw

ベンチ

これで明日、天気が回復すれば皆チェックアウト出来ることでしょう♪ (・∀・)

私自身、大したことはしていなかったのですが、マネージャーの厚意に甘えて
温泉もお借りしてしまいまして、本当にありがとうございました><;

お陰で体もすっかり温まり、いよいよ本当にネルソンへ向けて出発ですε===(っ≧ω≦)っ


しかし、ここで滞在している間に積雪は道路上で25cmも。。。

このリゾート前のハイウェイは既に作業が中止されていて、かなり前から完全に放置状態です。

そんな中、最寄の村であるスプリングジャンクションまで進んでいきましたが、
路面の噛み具合も全く問題なく70km/hでも安定性は完全確保出来ていました。

しかし、この村に着いたときに1台の四駆が停車していて、二人の青年が外に出ていました。

声を掛けてみると、
「ネルソン方面から来たけど積雪が25cmを超えていて、ここまで来れたのも本当に運だけだよ!」
と言って、このままネルソン方面には行かないほうが良いと勧めてはくれました。
しかし、現在の状況くらいだと私の車なら問題無いように思う。。

彼らは朝になって除雪作業が再開されるまでそこに残っているらしい。

すると傍にあった除雪作業用の車から一人のおっさんが降りてきて、この先の道は
既に作業員が全員諦めてしまって手をつけていないから行かないほうが良いとアドバイスを
くれました。

さすがにそこまで言われて行くのは可愛げも無いですし、ゲストも乗っています。
そこで今回はおとなしく道を80kmほど迂回してネルソンを目指すことにしました。

やはり途中、かなり凍結している路面や積雪がネルソンの近くまで続いていましたが、
問題になるほどではありませんでした。

取り敢えず、お陰で一つのスリップも無くネルソンの自宅に到着したのは午前5時。

予定と大きくずれたものイベント盛りだくさんのトリップになりました^^;

皆さんもこの時期にニュージーランドでレンタカーを借りる場合には、
値段よりも車のコンディションやタイヤの溝などをチェックして、
出来る事ならタイヤチェーンも借りて乗ってくださいね(・∀・)b


それではお疲れ様でした!ヽ(*´∀`*)ノ おやすみなさ〜い♪

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | - |

ぶっ飛んでみました!Σ(・ω・ノ)ノ!w

JUGEMテーマ:旅行

昨日、日帰りのトリップのはずが1泊になったMasaです(。・∀・)ノ゛オハヨウゴザイマス

目覚めたのはYHAの4人部屋。

急な宿泊の決定でしたし、時間も遅かったので今回は街の中にあるホステルに
宿を取ったのでした^^;

ですが、街のど真ん中に位置していて、なによりも暖房もあって温かく寝れるというのは
この時期になるとやはり重要です

9時にはチェックアウトと予定していたのですが、Hさんがゆっくりと休まれていたようなので
少し予定をずらしての行動開始となりました♪

まずは朝食ということで、Hさんのお好みの一軒のカフェへと向かいます。

その名は『ROMA』。
ローマw

ちょっと高級感の漂う雰囲気です。






しかも入り口には…


メンバーだけw

『MEMBERS ONLY』(会員制)

の文字が… ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!



でも心配は要りません。
中はちょっと洒落た普通のカフェですw

フロアには2つの暖炉に火が入り、ちょっと感じのいいクラスの人たちが
美味しいコーヒーと食事で談笑しています。

Hさんと私も予定の入っている時間は12時半でしたので、ゆっくりと楽しむ
ことにしました。


お腹も満たして外に出たところで、昨日はバタバタでなんの手土産も持たずに
AさんとTさんに会いに行っていたことを思い出し、今日はなにか持っていった方が…
ということから、街から少し離れたエリアであるリッカートンと言う場所まで行き、
日本人のパティシエが作っている日本のケーキを買って行くことにしました^^;

ケーキを買い終えたのがちょうど12時ごろ。
待ち合わせ場所は郊外にあるクライストチャーチ空港の近くですから時間はいい感じ。


え?



なんで空港なのかって?




実は、今日のこの待ち合わせはヘリコプターに乗るためだからです!ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪




…そんなの今までにも乗ってるでしょって?





いや、今回はチョット違うのです!

ヘリの操縦!!!

操縦したんですから!!!Σ(・ω・ノ)ノ!w マジスカ?

チョットダケデスケドネ(ぁw

実はこのAさんは4人乗りのヘリを所有しているのです。
そしてインストラクターの資格も持っておられます(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ

まずは離陸前の点検などから丁寧に教わり、各所の役割や働きを解説してもらいました。

そして操縦席に乗り込み、いよいよ離陸。


空港を離れ管制空域を出るころには高度もかなりあって、速度もかなり出ています…



が、



速度感が無い…orz



これまでバイクで「頭おかしいんじゃないのか!?」と言われる速度を出したこともあります。

海外生活も長くなって飛行機にも何度も乗ってきました。

でも、やっぱり何か違うんですよね^^;



それは給油のためにある空港に降りた後のことです。

一旦離陸した後、管制塔に連絡をした上で滑走しながらの着陸や空中エンジン停止、着陸。
低空高速飛行からの空中急停止など、色々な技術を解説付きで見せてもらうことが出来ました。

この時、速度計を見ていて気付いたのは、上空で出ていた速度の30%ほどの速度しか
表示されていないのに地面が近いと凄い速度!!!ドキッ・・・Σ( ̄Д ̄lll)・・・・

やはり速度を知る『対象物』の無い上空では、
私の速度感覚は完全に麻痺していたということですね…(@@;


その後、ヘリは出発した空港のハンガー前に着陸し、今回のフライトは終了♪

Hさんは後ろに乗っていたのですが
「初めてMasaさんが緊張しているのをみましたwww」
と、かなり悪戯っぽく笑っていました。

そりゃあ、緊張もしますよ><;
いきなり操縦悍渡されて、指示されても「了解!Σd(・ω・´。)ок!! 」と言われても;;
私にだって出来ることと出来ないことがあります(_ _|||)

でも本当に素敵な時間を持つことが出来ました!!!

AさんとTさんには心から感謝です♪

そういえば誰もお昼を食べていないことから、AさんとTさんとご飯を食べに行く
ことになったのですが、その前にTさんの御自宅に少し寄ることになりました。

ハマーをAさんが運転して、私はAさんの乗用車を運転しての移動です。

到着するとたくさんの犬が出迎えてくれたのですが、どの子もとても綺麗w

Aさんが一つ仕事を済ませる間に、Tさんのワンちゃんたちと遊んでいると
何か違う生き物が私のすぐ横に音も無く スッ っと現れたのですΣ(・ω・ノ)ノ!w



それは…






















ねこ02

この子w

『ブラボー』と言う名のこの子は4頭の犬と仲良く一緒に暮らしているんだとかwww

とっても可愛かったですよ(〃∀〃)b

本当は4頭の犬も撮っておきたかったのですが、カメラを向けると

「あそんでーーーー!!!!ワン (・x・U)≡≡≡3」

と飛び掛ってくるので撮る事が出来ませんでした^^;

その後、4人で中華料理を食べて、また色々な話で盛り上がり、レストランを出て
その場で解散となりました。

Hさんの用事も全て済んでいたので、私のフラットメイト用に(自分用も含む)
ケーキを買っておいたものを受け取って、いよいよクライストチャーチを出発です。



色々予定外のイベント盛りだくさんのトリップになったわけですが、
あとはネルソンに向けて帰るだけです ε===(っ≧ω≦)っ

時間は午後4時過ぎ。

ネルソン到着は午後10時半前後かな?

ガソリンを入れながら、Hさんと今回のトリップを振り返りつつ話は盛り上がっての出発です!

では続きはネルソンについてからw

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | - |

深夜の出陣!

JUGEMテーマ:旅行

こんばんは!
今日は深夜から南島最大都市『クライストチャーチ(Christchurch)』に向けて、
日帰りのトリップに出発です(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

出発は午前4時。
目標は今回のゲストであるHさんの依頼で9時ごろに市街地の中心『大聖堂』。

そのまま今夜にはネルソンに戻る予定の少々強行なプランですが、こんなことも
よくあることです^^

現在午前3時30分。外気温は6度。

それでは行ってまいります! (*´・∀・)ノ゙ バィバィ〜 ♪

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | - |

ネルソン拠点のショートトリップ^^(その1)

JUGEMテーマ:旅行


さて、ニュージーランドはネルソンはすっかり晴天続き♪
そんな中、年度末の雑務とツアーの準備などでバタバタのMasaです><;コンニチハ!

今回のゲストは、もうニュージーランドに3年もワークビザ(Work VISA)で働いていたHさん。
こんなに長いことこちらに居るゲストを迎えてツアーを組むのは初のことですが、なにせ期間は3日間とかなり短め!
その間に満足してもらうことが出来るかどうか、ここは腕の見せ所ですね( ̄▽ ̄)b

Hさんとの待ち合わせている約束の場所は、南島のウェストコーストとクライストチャーチ方面を結ぶ『ルイスパス』の途中にある日本情緒を持つ快適な温泉施設『マルイアスプリングス』。

Black Rider's Adventuresのツアーでもよく組み込んでいるので、これまでにブログを読んでくれている人には馴染みのある名前だと思います♪

お昼過ぎにHさんを迎えに行って無事に合流した後、ハマー(HUMMER H3)はその大きさと裏腹に軽快にネルソンへと進んでいきます ヾ(・∀・)ゝ =3 ソレイケ

車の中で、今回のショートトリップについての相談と計画について話し合います。

本来ならこういう場合、事前にメールのやり取りで大体の流れを決めておくのですが、Hさんはぎりぎりまで働いていたこともあって、ネルソンに向かう車の中での相談になったのです><b

Hさんは甘いものが好きで、美味しいものが大好き♪
そして、以前のメールでせっかくニュージーランドの元祖芸術家の多い町に来るのだから、出来る事なら陶芸をやってみたいと要望♪
他にも話してみると興味のありそうなことはたくさんあったのですが、取り敢えず今日を入れても時間は3日のみ。動けるのは中の2日だけです;

話をしていると時間が経つのも早いもので、あっという間にネルソンです^^b

ネルソンまでの途中で、Hさんの『してみたいこと』に入っていた陶芸の体験が出来る場所を調べておいたので、そこに立ち寄って体験陶芸の予約もしておきましたw

ニュージーランドで専門学校でのバリスタ(主にコーヒーを入れるのを専門とする人たち)の講習に通って認定書を持っているHさんは、入れるのはもちろん上手で美味しいものを出してくれるのですが、コーヒーを飲むことも好きだというので、ネルソンにある女性でバリスタの世界一の地位に立った人の経営するカフェへと行ってみました(・∀・)

それぞれに好みのコーヒーを飲みながら再度、この3日間の日程を話してゆったりとくつろぎタイム♪

一息ついたら夕飯に出かけて、そのあとはゆっくりとして終了です^^

明日はブレナムとピクトンへのグルメの旅♪
職場の仲間とよくグルメの旅に出ていたHさんに楽しんでもらうことが出来るかどうか、楽しみにしていてくださいね(≧∀≦)b

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | - |

久々のツアー同行><b 外伝『自然保護』

今回のツアーを計画している段階で一つツアーから
外さないといけないプランがあることを確認したので
少し報告です。

それは『ダイビング』や『ドリフトダイブ』のポイントでも
あった『Waikoropupu Springs(通称ププスプリングス)』の
完全閉鎖となりました。

Ezy trip 013.jpg

これは『DOC(Department of Conservation)』の決定。
つまり法規の様な強い効力を持つので破った際の罰則も厳しいです。

この泉に限り無く惚れ込んでいた者として今後立ち入る事が
出来ないのは残念な気もするのですが、反面この5年間その泉を
写真に撮ってきたなかで何度もあった「心無い」旅行者や「思慮の
足りない」NZ人の泉への破壊行為に関して注意してもめたことが
あったのも事実です。
彼らの屁理屈は決まって幼稚で、その度に「もう一層のこと
誰も入れなくすれば良いのに!」と連盟に進言していたので
今回の決定でこの泉が以前の様な美しさを取り戻して貰える
ならそれは嬉しく思います。

現に今回のツアーは『イースターの連休明け』にも拘らず
例年の様な『荒れ果てた』姿ではなく澄んだ光景が見れて
本当にほっとしました^^

ドリフトダイブも出来なくなり、たくさんのお客様が本当に楽しんで
くれた『竜巻回転ドリフト』も封印となります。

今回の決定で不満をあげる人間も多いと聞いていますが、少なくとも
私と潜った人達、楽しんでくれた人達は残念がる反面、今回の
ことを正しく理解して喜んでくれたら嬉しく思います^^

それでもまだまだNZには、Black Riders Adventuresのツアーには
新しい見所がたくさんありますので、どうかこれからもよろしくお願い
申し上げます。

Astronaut.jpg

flying.jpg

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |

久々のツアー同行><b 最終日

この日でEzyのツアーも終了^^
楽しんでもらえていたら良いが少々疲れさせてしまった
かも知れないな><;

空港まで送ってコーヒーを飲む。
彼はこの後香港で2日間楽しんで行くそうだが、まだ
何の計画も立っていないらしいw

はしゃいで風邪をこじらせなければ良いのだけど…^^;

次会えるのはまた暫く先になるけど元気にまた訪ねて
きてもらいたいと思う。
今回は本当にお疲れ様。で、ありがとう。

| 車・短期『ゆったり型』ツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | HOME | >>

Calender

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.