スイス人ゲストのツアー! | 異国を自由気ままに…

New Zealand南島をメインとする『Black Rider's Adventures』のツアー内容や、
ネルソンでの日常なども載せています。お気軽にコメント等よろしくお願いします^^

Profile

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

言葉の壁を越えて!(最終日)

JUGEMテーマ:旅行


こんにちは!
今回の『突発依頼ツアー』も今日で最後となりました(≧∀≦)ノ

締めとなる行き先は『ゴールデンベイ・フェアウェルスピット』!
南島最北端に当たる巨大な砂州エリアです♪

日帰りで行くわけですが、他のツアーや普通に個人で1泊で行くよりも充実した内容で大人気のこのコース(・∀・)b

見所は決して逃しませんbbb

朝8時に宿にお迎えに行ってそのまま出発!^^
車はハイウェイをひた走り、マーケットで混み合う前のモトエカを通過。
林檎やビールの原料となるホップの畑を眺めつつ北上していきます自動車=3

最初の見所はカルスト地形の『』!『タカカヒル(Takaka Hill)』富士山
何度も紹介していますが、これは決して『丘』ではありません( ̄△ ̄)b

ここでは山頂付近の眺めのいい場所からエイベルタスマン国立公園をカルスト地形の奥に眺ることができます♪
やっぱり朝は霞んでない景色が見えるので良いですね><b

そのまま山頂を越えて、山を下り、タカカの町(Tkaka)に入ります^^
ここには美味しい日替わりチーズケーキのお店があったりするのですが、今回はまだ誰もお腹が空いていないのでそのまま抜けてププスプリングスへ!(≧▽≦)b

ここは数年前から3つの散歩道があるのですが、行きと帰りに道を変えてベストルートをチョイス( ̄▽ ̄)
森林浴でマイナスイオンを満喫しながらの散歩は心地良いものです♪

ダンシングサンド
↑ダンシングサンドの泉を眺める親父さん^^

その透明度と不思議な癒しの空間を満喫したら、車に戻って今度は南島最北端の『フェアウェルスピット』を目指して行きます^^

まずは駐車場に車を止めてカフェでコーヒータイム♪(コレ重要ですw
天気は曇り。厚い雲が頭上にかかって怪しい感じですが、風向きとその強さからしばらくしたら晴れることが分かったので一安心(〃▽〃)b
これも私の日ごろの行いでしょうか?w(ぁw

予想通り雲も晴れてきたので、4人でビーチへと下り歩き始めます。
もちろん、車は帰りのことを考えてビーチの傍まで移動しておきます♪
これで疲れて帰ってきても坂を上る必要はありません^^b

潮が満ちてきていたので歩くスペースは少なめでしたが、特に問題はありません。
透明な水の波が打ち寄せる海岸をブラックスワン(黒鳥)カイツムリの仲間を見ながら歩いていきます。親父さんは双眼鏡が手放せませんw
Rさんは手ごろな流木でしきりにMさんをからかって怒られていました^^

歩くこと40分。途中のポイントで裸足になることを勧めてラストスパート♪
目的の『フェアウェルスピット』へ到着!(≧▽≦)bツイタヨー


あれ?


反応が薄いな。。


ど、どうしたの?


『すごーーーい!なにこれーーーーー!?』ヾ(〃∀〃)ゞ
とMさん、堰を切ったように叫ぶ!

どうやら想像以上に新鮮な風景で3人とも固まっていただけみたい^^;

Mさんは満面の笑顔でその極め細やかな砂の上を爆走しだす。

Rさんはカメラを取り出して写真に撮る。

親父さんは双眼鏡で何かを見ている。

取り敢えず暴走特急と化したMさんを追いかけて、近くの砂丘の上に上がることを勧める。ただしこれは物凄く極めの細かい砂の砂丘。一歩踏み出すごとに足が沈むからそう簡単には上がれないb
しかし、ここは負けず嫌いのMさん。勢いをつけて一気に駆け上がる!

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!ヾ(≧▽≦)/=3ソレイケー!

おおw本当に一気に駆け上がったΣ( ̄□ ̄;llスゲェ!
私は過去に同じことをやって自重で足が沈み、顔から盛大にコケたことがありますorz
しかもコケたあとはそのまま大の字の態勢でズルズル〜っと流砂に流されて下まで…

カッコワルさ120%ですね(T〜T)

そんなことを考えながら後から来たRさんも交えてこの地形について解説していると、親父さんが私たちの居る砂丘の麓を歩いて海が見渡せるエリアに来て佇んでいる。。。

じ〜っと動かないで海を眺める姿には何か深い意味でもあるんだろうか…?

MさんとRさんも何も言わずに黙って親父さんの後姿を見ている。


一歩だけ…


親父さんが前に足を進めた。。


次の瞬間…






パンツいっちょになって猛然とダッシュ!!!!!Σ(゜д゜♯)ソレカ!?


アチャー><;っと頭を抱えるMさん。
苦笑いしてカメラを向けるRさん。

Mさんの方を見ると「何も言わないで><;」と言った表情^^;

親父さんはそのままの勢いで荒れ狂う波に突っ込んでいるw
もう誰にも彼を止めることは出来ない…orz
どんどん沖に行って小さく波間に見え隠れする親父さんを引き戻すべく、MさんとRさんと3人で波打ち際に行く。MさんとRさんは裸足なのでそのまま水に入っていくが…


Σ( ̄д ̄;llサムっ!

と言って戻ってきた。ってことはこの二人でも寒いと感じる水温の中、親父さんはなんともなく満面の笑みで泳いでいるのか!?

暴走親父様w
↑寒さに負けて引き返す若い二人と沖で遊ぶ親父さんw

遥か彼方で><;
↑望遠でとってもまだ遠い親父さん><;

暫くして親父さんはリポ○ビタンDのCM俳優よりも爽やかな笑顔で戻ってきた^^;

すかさずMさんがロマンチで何か文句を言っているが、親父さんはまるで聞いていないw
どうやら「着替えも無いのにどうするんだ!?」と言っていたようだ。
が、親父さんはそんなMさんを意にも介さず、爽やかな笑顔のまま2枚あるTシャツの1枚で顔を拭きつつ、口笛まで吹きながら砂丘の裏へと歩いていった(@@;

親父ダンス♪
↑満足げな親父さんのダンシング♪

Mさんは「あの親父…あの海を静かに見ているとき、帰り下着無しなら泳いでも平気だな(〃∀〃)ウフフとか考えてたんだ!」と呆れ顔で悪態をついていました^^;

親父さんが戻ってくるまでRさんとMさんはかなりの高さの砂丘の上からジャンプしているところを写真に撮ったりして遊んでいます。

すると親父さん。トコトコ満足そうな顔で歩いてきたかと思うと、手で「なにしてるんだ!?早く来いよ♪おいてくぞw」って感じで合図をしてスタスタ歩いていく(@@;

いや、あなたをみんな待っていたんですよ〜…><;

3人で苦笑いしながら後を追いかけて、来た道を戻り始めます。
楽しい時間というのは早いもので、コーヒーの後に歩き始めてからもう3時間が過ぎていましたw

車に乗り込んだら次の目標を案内します。
「次は特製地ビールを出してくれる場所に行きましょう」
そういった瞬間にRさんと親父さんはおおはしゃぎw
いい運動の後のビールタイムという感じですから当然ですね♪

地元の人しか殆ど来ない穴場のバー♪
日曜日だけどちょうどお昼も過ぎたところで人もそれほど混んでないしいい感じ^^
MさんとRさんはビールを。私とMさんはカプチーノを楽しみましたw

写真チェック^^
↑ビールを飲みつつ今日の写真チェックw満足そうです^^b

ほろ酔いのRさんと親父さんは帰りの車ではうつらうつら♪
しかし、モトエカについた時点でMさんに美味しいアイスクリーム屋にご案内^^
Rさんも親父さんも起きてきて一緒になって注文。
それぞれ好みのフルーツアイスが食べれて大満足(〃∀〃)b

ネルソンまでの道は夕飯の話で盛り上がっていましたw
取り敢えずまたシャワータイムとなって集合は8時に決定。
この日もしっかり飲んで、ガッツリ食べて最後の夜も終了です><

3人ともネルソンを名残惜しんで、もう少し飲んでビリヤードでもしたいと言っていたのですが今日は日曜日。
お店もこの時間になると殆ど開いていませんorz

仕方が無いので明日に備えて今日はこれで解散。
突然の依頼で一気に開始となった今回のツアーでしたが、たくさん楽しんでもらえたようで本当に良かったです^^

Rさんが北島に渡る船の予約をしたらしいのですが、親父さんとMさんに「なんでもっとネルソンにゆっくり滞在出来るように予約しないのよ!?」と責められていてちょっと可哀想でした^^;

ともあれ今回のツアーも無事に終了♪
Mさんたちには残りのニュージーランド・北島での滞在も存分に楽しんでもらいたいものです(≧▽≦)b

| スイス人ゲストのツアー! | comments(0) | trackbacks(6) |

言葉の壁を越えて!(その4)

JUGEMテーマ:旅行


さてさて、この突発ツアーもすでに4日目w

ここで驚きなのは親父さんことCさんの英語力の成長!
4日前は現地の人の英語や私の話す英語も全く理解出来ていなかったのが、確実に
私の話す言葉を理解してきていることですΣ( ̄∀ ̄;llハヤイヨ


確かにMさんは私の前や現地の人と話す時は基本英語ですし、RさんもMさんほどでは
無いけど多少は理解も出来るし話せます。つまり英語を理解出来ていないのは親父さん
のみだったわけです。しかもここは英語圏ですからもちろん周りは英語ばかり。
それで英語に慣れやすい環境とはいえこの親父さんの適応力は素晴らしい限りです><b


さて、今日のハイライトは前回中止になった『実弾射撃』!(・∀・)b
集合した時点で親父さんが大興奮なのは表情を見たら一目でわかりましたw

今日撃ったのは

・スポーツライフルx70
・ショットガンx20
・ターゲットライフルx3

の3種類。

まずはスポーツライフル。
低火力で反動も少なく、初心者から女性まで気軽に扱える銃です♪
10mほど離れた場所にある的をめがけてまずは練習^^
全員10発ずつ撃った時点で練習は終了!

ライフル

次はそのスポーツライフルでちょっとしたゲーム!(≧▽≦)b
1対1のこの対戦。一人20発の弾を持ち目の前にあるいくつもの小さな的を
如何に速く、正確に、かつ戦略的に撃ち落していけるかというものです♪


4人での総当たり戦ですので一人3ゲーム!
これが物凄く熱いんですよwww(≧▽≦)bタマリマセン!
Mさんは小柄な上に射撃は初体験なのにこれがかなりのいいセンス><b
親父さんは狩猟をしているだけに大したものw
Rさんは軍への徴兵義務を終えたところらしくてちょっと慣れた感じ^^

いやぁ♪白熱しましたねw
隣で聞こえる銃声に焦りを感じつつ、確実に自分の的を撃ち落していく。
妨害もありなので倒したつもりでもいても対戦相手の攻撃で的が復活し増える><;
20発という限られた弾で如何に妨害しつつ自分の的を全て撃ち落すか…

言葉では表現出来ないくらいみんな真剣に楽しみました♪(〃▽〃)b
(MさんはRさんと同着で鼻高々でしたwww)

次はショットガン!
12ゲージと呼ばれるもので最大5発までの連射が可能。
映画やゲームでもお馴染みの高火力な銃です♪(≧▽≦)b

ショットガン!

クレー射撃という言葉をご存知ですか?
自分の合図でランダムの方向に小さな円盤が飛び出すので、それを撃ち落すゲームです。

これはスポーツライフルに比べて音や衝撃も大きく、当たったら的が砕け散るので「撃ったぁ!」って感じがしますね^^
Mさんは小柄なので多少銃が重そうでしたがそれでもなかなかの成績でした^^b
特に最後の5連射は親父さんやRさんでも「オオォ〜w」と言いながら撃ってましたw

クレー射撃

さて宴もたけなわってことで最後の締めは『ターゲットライフル』(≧▽≦)b
スナイパーライフルと言っても良いこの銃。
大きさといい重さといい、これまでの2つの銃とは確実に違う迫力を持っていますw

ターゲットライフル

男の子なら…女の子でも一度は撃ってみたくなる雰囲気を持っていますね♪
でもこんな銃ですから、的も近場のちんけなものではありません><b

20m?

いえいえ

50m?

そんなもんじゃない

100m!?

まだまだ!

300mでどうだ!?


正解は

400m先にある的ですw

遠く離れた山の上にあるオレンジ色の円盤
これがこのターゲットライフルの的になります。
当たり判定が分からないかと思うところですが、当たると『カ〜〜ン♪』
鐘のような音が鳴るので一発で分かるんですよ^^b

この手の銃を撃つのはみんな初めてです^^

まずは親父さん。1発成功!(≧▽≦)b
続いてRさん。1発成功!(≧▽≦)b
で、Mさん。1発成功!(≧▽≦)b
私、ミス…(≧▽≦)b

あれ?(@@;

私だけ外しちゃいました^^;

ともあれ初心者で女性のMさんから、ベテランハンターの親父さんまで存分に楽しんだ射撃もこれで終了♪

町に戻って青空の下ゆっくりコーヒーを飲んで、そのあとは買い物タイム♪
親父さんはまだ海が見たいらしく一人で散歩へ。(大丈夫かな?w
RさんとMさんはこの後向かう北島で必要なものの買出しに行きました^^

この日の夕食は、ここに来るまでに買い込んであった食材を食べ切ってしまいたいと
Mさんが言うのでここで解散。集合を明日の朝にしてあとはゆっくりしてもらうことに
しました♪

明日はゴールデンベイへのドライブ!
晴れてくれるといいんですけどねw

ではでは〜♪^^

| スイス人ゲストのツアー! | comments(0) | trackbacks(2) |

言葉の壁を越えて!(その3)

JUGEMテーマ:旅行


今日はさすがにのんびりしたくなったスイス人のゲストたち。
お昼までゆっくり寝たいということでしたので、私はそれまでに車の点検など済ませて午後からの行動の準備をします^^

ちょうどお昼を過ぎるかどうかくらいにMさんから電話です。
ご飯も食べたし出れるけど、『どっか郊外のビーチでゆっくりしに行きたい』
言う要望でしたので、昼からはネルソン郊外にある『ラビットアイランド』に行くことに
しました(≧▽≦)b

これを読んで
『わぁ〜♪ウサギがいっぱい居る島なんて素敵(〃∀〃)』

なんて思ったあなたは残念賞(・3・)

この島にはあまりウサギは居ません( ̄△ ̄)bキッパリ
ま、そういう私もニュージーランドに、ネルソンに初めて来たときには同じことを
想像したんですけどね^^;


ビーチ沿いの駐車スペースに車を止めたら、3人とも荷物を勢い良く取り出して
ビーチへと駆け出していきます ヾ(≧▽≦)/=3ソレイケー!

親父さんのCさんも負けてはいません!(笑)
ビーチの端で服を脱いだら他の二人に負けずに猛然とダッシュ!!!

ビーチでダッシュ!

若い二人が戻ってきて日向ぼっこしだしてからもずっと泳いでいました^^b
(この親父さん、その後も2時間くらい散歩して実は一番タフですwww)

ラビットアイランド

3人とも大満足して帰る準備を始めたのは午後4時半♪(≧▽≦)b

ネルソンに戻ったら休憩とシャワーがしたいということで一回解散です^^
夕飯の待ち合わせ時間を決め、私が向かったのはネルソンで『一番美味いタイ料理』
のお店♪
Mさんが「どうしても美味しいタイ料理が食べたい!」とリクエストしてくれたので、
私の古い友人の経営するタイ料理屋へ予約に向かいましたw
頼んだコースはもちろんメニューに無いものを含む『スペシャルコース!』(〃∀〃)b

食事の後はすっかり定例となった一杯飲みながらのビリヤードで締めw

今日も一日お疲れ様でした^^

| スイス人ゲストのツアー! | comments(0) | trackbacks(1) |

言葉の壁を超えて!(その2)

JUGEMテーマ:旅行


昨夜、宿で解散の前に今朝の集合時間を決めるときのこと
「早く起きるのは慣れてるから大丈夫><b」
と言っていた今回のスイス人ゲストw

私も「遅れは取れん!」としっかり起きて準備をしていたとき、娘さんのMさんから
携帯にメッセージが入りました。

「男二人が起きないので集合30分遅らしてくれる?」

ま、当然といえば当然のことなんですけどね^^;
なぜならこのグループ、スイスから来る手段からして気合入りまくりでしたからw

スイスイギリスシンガポールオーストラリアニュージーランド

そして

クライストチャーチ1泊クイーンズタウン2泊グレイマウス1泊
カイコウラ1泊ネルソン

これを交代しながらとは言えレンタカーで慣れない道を移動してきたんですから…><;
正直無謀です><;(ぁw

さて、遅らせた集合時間に宿へと迎えに行くとちょっと疲れは見えるものの
張り切った顔の3人が待っていてくれましたw

早速車に乗って向かったのは、グループの親父さんが大興奮の実弾射撃

ネルソンからすぐなので到着と同時に射撃場にいってみるが…

誰も居ない。。。

で、傍にあるオーナーの家に直接行くが…

誰も居ない(鍵は開けっ放し)

しょうがないので車で10分ほど戻って携帯の入るエリアに移動してかける…

留守電。。。

内容は…

「ちょっと出かけているので留守電入れといて!定休日は火曜日!」と言った内容。

でも今日は木曜日。。。

久し振りに『典型的キウイ(ニュージーランド人のこと)』に出会った気分です><;
ま、この『ユルさ』がいい時も多いんですけどねw
取り敢えず留守電に連絡先を残して別にすることを考えます。

でも時間を無駄にするのは勿体無いので近くのビーチに行くことにしましたw
名前は『ケーブルベイ(Cable Bay)』。
その名のとおり湾内にケーブルが設置してあり、これはオーストラリアまで続いて
います。

海を見て大はしゃぎの親父さん。
傍にある丘を指して「すぐソコにある見晴台の眺めもいいですよーw」
勧めてみる(≧∀≦)b

ロマンチで何かを叫んでいそいそと歩いていく親父さんは本当に嬉しそう♪

な〜んてのんきなことを考えていると、娘のMさんが傍に来て
「マ〜〜〜〜〜〜〜サ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」と険しい表情。

え?なんで?

「時間はまだあるし、すぐソコの見晴台だから大丈夫だよ?」と言うと
「そうじゃないのよ…orz」とMさん。

その表情の意味はすぐに分かりました><;
親父さんの後に続いて見晴台に登ると、親父さんは自前の双眼鏡を覗き、写真を
1枚だけとってすたすたと歩き出す。

「あ、そっちは誰かの牧場ですから行っちゃ駄目ですよ」
と呼びかけるが「大丈夫だ!(≧▽≦)b」と振り返りもせずに親指を立ててみせる。
すぐにMさんもロマンチで呼びかけるがまるで聞く気は無いらしいΣ( ̄□ ̄;ll

どうやら丘の斜面を歩いていって、岬の突端まで行って海が見たいらしい。
何を言おうと、どう引きとめようと止まる気配は皆無;;
柵も平然と乗り越えてく…(@@;

我が道を!

↑満足そうな親父さんのCさんと呆れながらも着いてきちゃったMさん

結局岬の突端まで来てしまいました><;
引き止めようと着いてきた娘のMさんはサンダルで滑るからと途中から裸足。
かなり痛そうに歩いているのに親父さんはまるで無視><;
ずんずん我が道を行ってますorz

それでもかなり歩いてからでしたがどうにか説得出来て、引き返す気になって
貰ったときにはすでに出発点にある車は点以下の大きさでした…orz

なんとか無事に駐車場に着いたら今度は午後からの予定の4x4(四輪バギー)のアクティビティのために移動ですw
併設されているカフェでそれぞれご飯を食べて休憩♪(〃▽〃)b

思っていたよりも早めに食事も済んだのでスタッフの休憩が済み次第、4x4の
開始をマネージャーの方へお願いしましたw
今回の参加者は私たち4人以外に大きな体型の夫婦と小さなお子さん。
それにあとから若い男の子が2人追っかける形で参加との事。

早速レクチャーを受けてもらったら、練習用コースで全員のレベルをスタッフが
チェックしてくれます^^b

私はもう慣れて居るので流す程度に走って練習終了!
Mさんともう一人のスイスゲストであるRさんもすんなり終了!

問題は親父さん…;
ここでも暴走絶好調!(≧▽≦)b
コースをはみ出したり、スピードを出過ぎたり落とし過ぎたりしながらも、
その顔には満面の笑みが浮かんでいます><;

4x4のガイドスタッフが走っていって一生懸命説明するたびに、私とMさんも
走っていって一緒に説明。
しかし「わかったわかったwww」と言いながら再出発するも聞いていなかったかのようにやはり暴走…orz

流石にこれ以上は一人のために他の人を待たせられないと判断したスタッフが
「次、まともに走れなかったらあなたは別の人の後ろに乗ってもらいます!」
と厳しく叱咤。Mさんも同様に厳しく通訳をする。

暴走親父?w

↑すでに左に脱輪していますwww

これには親父さんも慌てた様子Σ( ̄□ ̄;llソレハヤダ!
真剣な顔になって出発する親父さん。
流石にスピードは出さないが今度は速度が遅すぎる…><;
でも、コースをはみ出さないので「様子を見ながら行くことにしましょう」
どうにか自走の許可をもらうことが出来ましたw

ホッとした表情でMさんとRさんに笑顔で親指を立てる親父さん(≧▽≦)bグッ
すでに疲れ果てた表情のMさん( ̄− ̄;)
我関せずの顔でぼ〜っと空を見上げているRさん(゜д゜)イイテンキダ…

こんな感じでようやく4x4のツアー開始です!^^;
まずは大き目の川渡り!
親父さんも含めて全員すんなりと越えて行きます♪

4x4で川渡り!

それが済んだら今度は山の上を目指して出発!
これもみんな順調ですw

小さな練習場ではちょっと危なっかしげでも、実際のコースに入ると結構みんな
すんなりと走っていけるから不思議なものですね^^

Mさんも疲れた表情は消し飛びとても楽しそうです♪
Rさんは完全に小学生の悪ガキの様な顔になって蛇行運転したりしています><;

と、ここでスタッフが車を止める。
「あれ?ここは何の解説もない場所のはずなのに…」
と思っていると、Rさんがふざけ過ぎだと警告を受け怒られちゃいました^^;
Rさんが私たちの方を振り返ってバツが悪そうに舌を出してますw

そんなこんなで山の上の見晴らしのいい場所まできたらのんびり雑談しながらティータイム♪
コーヒー・紅茶・ジュースなどをスタッフが出してくれて、チョコクッキー・
クラッカー・チーズなどと一緒にわいわいと話をしてリラックス^^


一息ついたら今度は下り。
登りよりもブレーキが利きにくいので、やや難しくなるのですが全員問題無く
下っていきます♪

一番麓まで降りたら『このアクティビティのハイライト!』ですねw
そう。
それは『サーキットのフリー走行!』(≧▽≦)bイェーイ!

このときの皆の顔は、全員『悪ガキ』全開でしたwwwww

そんなこんなで大興奮で終了した4x4ツアー><b
カフェに戻ってきたらコーヒーを飲みながらスイス人の3人は自国の言葉で
喋り捲る^^
 その楽しそうな表情を見て居るだけで勧めた甲斐があったなぁw
と思いますね♪


その後はシャワーを浴びたいというMさんの希望もあって一回宿へと送り、
夕飯の時間まではゆっくり休んでもらうことになりました。

夕飯は美味しいステーキが食べたい!と言う、親父さんとRさんの熱い希望で
ネルソンで美味しいと評判のいいレストランをチョイス!(≧▽≦)b


しっかりお腹一杯になるまで食べていただきましたw

夕食後はMさんが興奮しすぎて疲れ果て眠そうだったので、まだ飲みたそうな
Rさんと親父さんもそれではなぁ…と一緒に宿へと帰ることになりました^^;

明日は午後までゆっくり寝てからの案内を依頼されました^^
明日もネルソンは天気が良さそうだし気分が良いですねw
ではみなさんもおやすみなさい♪

| スイス人ゲストのツアー! | comments(0) | trackbacks(1) |

言葉の壁を越えて!(その1)

JUGEMテーマ:旅行


さてさて、今日は張り切って二度目の更新です!(≧▽≦)b

実は今日の夕方から急遽ツアーの依頼が入ったのですが、このグループは

『スイス人・ローマ語エリア』からのニュージーランド訪問組。

スイスには4つの言語があり、ドイツ語フランス語のエリアが大きいわけですが、
それ以外にイタリア語エリア。そして今回のグループのローマ語(ロマンチ)エリア

スイス人の人口でも1%の人しか話せる人はなく、全世界でも6万人しか話せない特別な言語だそうです(@@;


当然ですが私は話せません…orz


ですが、3人の内2人は何とか英語を理解してくれるので、取り敢えず問題は
無いってわけです><b


まずは簡単にカフェでお茶(ビールの人もいましたが^^;)を楽しみながらプランの
話し合いです。約1時間半ほど話しましたが、これまでをレンタカーで強行運転して
来たため殆ど何も楽しんでいないお父さんは「ここで満喫するぞ!」と大興奮( ̄▽ ̄;)

言葉は通じないけどその興奮はひしひしと伝わってきます♪
↑気合がはっきり見えます><;

取り敢えず、ヨーロッパから出た事の無い3人の内の2人の希望である

「美味しい日本食と言うものが食べてみたい!」Σ( ̄□ ̄;llナゼ?

ということでネルソンのホテルにある日本食レストランにご招待しましたw

寿司てんぷら刺身etc 

色々と頼んでみたのですが、どれもこれも彼らには初めてのものばかり!

もう男性二人の興奮度は一気にレッドゾーンへ!!!

これは何だ!?

あれは何だ?!

そっちのはどうやって食べるのだ?!


聞いてくれるのは良いんですが、答える前に先に食べてますね…( ̄∀ ̄;)

とにかく大満足してもらえたようで私も大喜びです♪(≧▽≦)b

で、食べたら今度は飲みに行きたい!ってことでバーへと繰り出しましたw

ここでは飲みながらビリヤードです><b
ビリヤードが無料のところを選んだので、かなりの回数楽しみました♪

そろそろ明日のために…と言う感じになったのが夜11時過ぎ。

宿まで送っていって、明日の待ち合わせの時間を決めて解散です^^

明日からも破天荒な興奮が続くと思いますw
これまでクイーンズタウン・テアナウ・グレイマウスとずっと悪天候だったよう
なので明日は是非とも快晴の中楽しんでもらいたいものです!(〃▽〃)ノではでは〜

| スイス人ゲストのツアー! | comments(0) | trackbacks(8) |
<< | HOME | >>

Calender

<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Categories

Archives

Links


Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.